/書く書く鹿ジカa>

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書く書く鹿ジカ

ゆるーい雑記

普通に生きられなかった夫婦の物語「夫のちんぽが入らない」を読んでみた

書店で本を散策していると

衝撃的なタイトルの本を見つけた

それがこれ

一瞬のけぞりそうになりそうなタイトル

 

まあ、一旦保留にして

星野源ホリエモンの本を眺めていた

どれもこれも興味のそそられる作品ばかり

僕は家にまだ読んでいない本があったので

今日は一冊だけと決めていた

そして最終的に選んだのがこれ

だって

超面白そうなんだもん!

読まずにいられないっしょ!

目次

[contents] 

ストーリー

Amazonの説明欄から抜粋
いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十余年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間に話したことはない。こんなこと軽々しく言えやしない。
何も知らない母は「結婚して何年も経つのに子供ができないのはおかしい。一度病院で診てもらいなさい。そういう夫婦は珍しくないし、恥ずかしいことじゃないんだから」と言う。けれど、私は「ちんぽが入らないのです」と嘆く夫婦をいまだかつて見たことがない。医師は私に言うのだろうか。「ちんぽが入らない? 奥さん、よくあることですよ」と。そんなことを相談するくらいなら、押し黙ったまま老いていきたい。子供もいらない。ちんぽが入らない私たちは、兄妹のように、あるいは植物のように、ひっそりと生きていくことを選んだ。(本文より抜粋)

みんなの当たり前ができない

誰かに相談したいがその内容が

「ちんぽが入らない」

僕がもしこの立場でも相談できない

もしこの事実を告げてしまうと

ちんぽが入らない人

というレッテルを貼られてしまい

顔を合わせるたびに

そのイメージで見られてしまう

そんな恐怖が相談をさせてくれない

 

過去のトラウマ

この物語の主人公である

入らない妻こだまは

過去のトラウマによって人生を大きく左右されてしまう

そのトラウマとは

こだまの実の母である

 

こだまは幼い頃から

姉妹と比較されたり

容姿が醜いと言われたり

情緒不安定な母の機嫌とりをしたり

 

そのためこだまは

他人の目を気にして言いたいことが言えない

人から嫌われないようにして逆に嫌われてしまう

自分の顔に自信がない

そんな性格になってしまった

 

この性格により

人間関係のみならず

仕事や健康に関わって

人生を左右されてしまう

 

やっぱり親の影響って大きいな

子供のうちは家という世界しか見てこないから

それが当たり前

それが当然だと思ってしまい

社会という大きな世界に出た時に戸惑ってしまう

 

そしてこだまさんは母という世界しか見てこなかったためとてもネガティブな性格になってしまった

 

夫のちんぽだけが入らない

色々な方法を試すも

夫のちんぽだけがはいらない

他の男のはすんなり入るのに

 

夫のときだけいつもあそこが切れて血が出てしまう

次第に2人の回数も減って行き

夫は風俗通い

妻はネットで知り合った男性と...

 

 

人間の脆さと向き合う

気丈に振る舞い

折れそうな心を必死に悟られまい

とする葛藤

 

風俗通いやネットでの出会い

などの依存

 

夫はパニック障害
妻は自己免疫疾患

 

そしてちんぽが入らない

 

そんな人間の弱さ脆さに

真正面から向き合って行く

この夫婦に感動する

 

 

最後に

僕ははじめ

ちんぽの

んを◯で隠そうとしました

 

でも、このタイトルには

作者の伝えたい思いが込められている

 

そのため僕は隠さずにそのまま書きました

 

そして

ふと、幸せって誰が決めるのだろう

と考えた

僕が出した答えは

 

幸せは自分で決める

 

人それぞれの幸せの定義が違う

貧乏でも幸せ

富豪でも不幸せの人がいるし

 

 

逆に辛いかどうかを決めるのも

自分次第

 

他人にどうこう言われようと自分の信じたものを信じる

 

この夫婦にはそんな強さがあると感じた

 

買うのに抵抗あるかもしれないけど

絶対に読んでほしい本です

 

おわり

 

広告を非表示にする